スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Luliちゃんは頑固者

2011年01月06日


マンハッタンには星の数ほどの飲食店があってそのほとんどは電話やインターネットから注文するとデリバリー料金無しで
アパートまで頼んだものを届けてくれます。(デリバリー料金に関係なく配達してくれた人にチップをあげるのは
アメリカの礼儀)

そしてそのデリバリーサービスで私が夕飯に注文するものは毎回同じ。

中華だったらチャーハンと小籠包
イタリアンだったらエッグプラントパルメジャン
韓国料理だったらシーフードパンケーキと豆腐チゲ
メキシカンだったらタコスサラダ
タイ料理だったらパッドタイ(ヌードル)

馬鹿のひとつ覚えといいますか、とにかく呆れるほど毎回同じものばっか注文します。

夕飯だけじゃなくてこれは朝食も同じ。
私、普段朝はインスタントオートミールを持参して会社で食べているんですけど、もっとボリュームがあるものを
食べたい時は会社への通勤路にあるカフェに寄ります。
そこで注文するのは毎回同じで卵をベーグルに挟んだホットサンドイッチ。
さすがに毎回同じ時間帯に同じ注文をしているのでコックさんにも

“The usual?"
<いつもの?>

と、すぐに顔を覚えられてしまいました。最近では注文を確かめもせずに私がお店に入った途端
いつものを料理しだしてしまいます。
そしてレジのお姉さんも出来上がった料理が入っている袋の中身を確かめもせずにレジにいつもの金額を打ってしまいます。

これは列に並んでわざわざ注文しなくてもいいので時間が短縮されて便利といえば便利なんですけれども、
そんな私でもたまには他のものを食べたくなる時もマレにあるので、一回だけコックさんに
今日はいつものじゃなくてベーグルとクリームチーズがいいと注文したんですよ。そしたら、

“What?! No bagel&eggs today? Are you sure?"
<なにぃ?!今日はベーグルと卵じゃないの?本当に?>

と、目を丸くしてびっくりされてしまいました。で、私が、

“Yes, I want to try something different today."
<そう、今日はためしに他のものが食べたいの。>

と説明したら、

“Really? Is something wrong? Everything ok?"
<本当に?何かあったの?大丈夫?>

とコックさんに心配されてしまいました。

“No, no. Everything is fine.I just wanted to try something new."
<いえいえ、何でもありませんよ。ただ違うものを頼んでみたかっただけです。>

と私が再度ベーグルとクリームチーズを頼んだらコックさんはブツブツ言いながらだけども作ってくれました。
おまけにレジのお姉さんにも、

“What?! It's not your usual? What happened?"
<えー?!それいつものじゃないの?どうかしたの?>

と、聞かれる始末。卵をクリームチーズに変えたことがそんなに大袈裟なことなのか?
普段と違うものを注文する度にこれじゃ面倒なので、今でも私はず~っとベーグルと卵しか頼めないでいる
悲しいサガ。

長~い前書きになってしまったけど(すみません)
実は毎回同じものばっか頼む私の癖はペットショップでも同じ。

LuliとLexiはアキレスが大好物。数ある種類の中でもお気に入りなのがうちでは通称“くるくる骨”とよんでいるタイプのもの。

IMG_1672.jpg

名前のとおりくるくると形が曲がっているのでそこにLuli達が手をのせて持つと噛みやすいし味もおいしいらしい。
くるくる骨をあげるとLuliとLexiは一時間ぐらいそれに夢中になって私なんか相手にしてもらえない。

くるくる骨をもらえるとすっごく喜んでくれるのでペットショップに行く度に買ってあげていたんだけど…。
これ、一本ずつだと結構なお値段がするんですよね。
だからお店の人に箱ごと(50本入り)買うから値段を安くしてくれと交渉したところ一本あたり$1の値引きに成功。
それからは定期的に箱ごと買いに行くようになったので、案の定私がお店の中に入っていくと店員さんはすぐさまお店の奥から箱を取ってきてくれる。

さて、くるくる骨が大好きなLuliちゃん。朝起きてすぐさま昨日噛んでいた残りを見つけ出して、くるくる骨を噛み噛みし始める事もあります。

数ヶ月前の朝も朝一番からくるくる骨に夢中のLuliちゃん。
私はLuliとLexiを散歩に連れて行く時は必ず先輩犬のLuliちゃんから準備をします。(ハーネスを着せたり、リードをつけたり)
しかしこの日はLuliはくるくる骨に夢中でいくら呼んでも玄関先まで来ません。
なので仕方なくLexiにハーネスを着せてまたLuliを呼んだんだけど動こうともしない。
散歩も大好きなはずなのにリビングのソファーの上でくるくる骨をくちゃくちゃ食べているLuli。
ドアを開けて出て行くフリをしたらやっと来た。でも骨はくわえたまま。
ハーネスを着せている間も口からはなさない。

そしてとうとう、

DSC00057.jpg

くわえたまま廊下に出て行きやがった。
前にも同じことが数回あって、“そんなもの持って行くな!”と、くるくる骨は拒むLuliの口をぐいっと開けて
奪って部屋に置いて行ったんだけど…
今回はこのまま持たせてあげたらどうなるのか様子を見てみることに。

しかし、落とさずに散歩できるのかしら?

DSC00058.jpg

写真は見えにくいと思うけど一応しっかり口にくわえている。
でもそのうち落としそう。

DSC00059.jpg

フン!この頑固者め。私は落としても知らないからねー。

そしてテクテクと歩きながら散歩を続けるLuliとLexiと私。
この日はとても天気がよくて清々しい朝だったのを覚えています。
天気が良いと二匹もルンルン気分に。

DSC00061.jpg
*うちでは朝の散歩の事を略して“朝散”と言っています。

そうだね~気持ちいいね。
…て、ちょっと、Luli!

DSC00060.jpg

顔が近すぎる!じゃなくて、くるくる骨はどうしたのよ?

DSC00064.jpg

置いたんじゃなくて落として来たんでしょう?

DSC00065.jpg

やっぱり、落としましたね。まだ15分ぐらいしかたっていないのに。

DSC00066.jpg

ほれ見ろ言わんこっちゃない!

夜の散歩の時も同じコースをたどって探してみたけど結局くるくる骨は見つからなかった。

ま、これでLuliも学習したかな~と思ったら
その後も懲りずにくるくる骨を散歩に持っていこうとしてます。もちろん骨はボッシュート。
困った子だわ。

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ←懲りないLuliちゃんに応援クリック

人気ブログランキングへ←こちらもくるくるクリック!

***おまけ***

くるくる骨とのつきあいはもう一年以上。
Luliちゃんの2009年クリスマスのプレゼントはくるくる骨の三本セットでした。

IMG_1939.jpg

IMG_1959.jpg


Luli | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。